FC2ブログ


●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●○特権レベル

最近、Linux使ってないんですが何か?


特権レベル
CPL
  プログラムの置かれているセグメントの特権レベル 0~3
  CPUの動作レベル

DPL
  セグメントの特権レベル 0~3
  CPUの動作レベルがDPLより高ければ、アクセスできる。

IOPL
  IOポートの特権レベル
  CPUの動作レベルがIOPLより高ければ、アクセスできる。
  EFLAGSレジスタのIOPLフィールドで設定

0がもっとも特権が高く、数字が大きくなると特権が低くなる。


ゲート
コールゲート
  現在のCPLより高い特権のDPLにアクセスする方法。
  OSのAPIを呼び出す時などに使われる。
  ゲートディスクリプタを挟むと、高い特権レベルに移行できる。
  ゲートディスクリプタにジャンプすると、自動的に設定してあるアドレスに飛ぶ。
  つまり、普通のセグメントを呼び出すように、ゲートディスクリプタを呼び出せば、
高い特権レベルに自動的に移行できる。

ゲートディスクリプタ
  P.208に図
  属性のSビットを0に設定(システムオブジェクト)。
  P.210に図
  ゲートディスクリプタが呼び出されると、設定してあるセレクタ値とオフセットアドレスを見て、ジャンプする。
スポンサーサイト









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://moom6.blog2.fc2.com/tb.php/26-aa69c81a

[TOP]
copyright (C) 2006 Linuxとかのメモ all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。