FC2ブログ


●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●○Wineでマーケットスピードを動かす1

Wineを使って、楽天証券のマーケットスピードを動かしてみました。

書き直してます
http://moom6.blog2.fc2.com/blog-entry-29.htmlを参考にしてください。


書き直してます
http://moom6.blog2.fc2.com/blog-entry-29.htmlを参考にしてください。

マーケットスピードとは?
マーケットスピードは、楽天証券のツールです。楽天証券の口座を持っていて、月額利用料を払わないと使えません。特定の条件を満たせば無料になります。これのために、楽天証券で口座を開設する人がいるくらい人気のツールです。
マーケットスピード概要
WINEでマーケットスピードを動かして、想定外の事がおこっても、全て自己責任でお願いします。基本的に、Windowsで使われるソフトなので無理はしないように!

マーケットスピードをインストール
すでに、WINEはインストールされている状態から始めます。
マーケットスピード -ダウンロード-
からダウンロードします。

インストール
$ wine MarketSpeed522Installkits.exe

インストール完了後に、マーケットスピードを実行すると、始めの起動画面のところでエラーがでます。

<エラー文の一部>
You need to install the Mozilla ActiveX control to
use Wine's builtin CLSID_WebBrowser from SHDOCVW.DLL

という事で、「Mozilla ActiveX control」を用意します。

MSVCP60.dllのインストール
「MSVCP60.dll」は、Microsoft Visual C++ 6.0 ランタイムの一部らしいです。これがないと、「Mozilla ActiveX」のインストールでエラーがでます。
http://www.xvl3d.com/ja/support/xvl-player/known_problem.htm#PLAYER_0003から「msvcp60.dll」をダウンロードします。
リンクがなくなっている時は、ググって探してね。
それを、WINEのCドライブにあるwindowsフォルダにいれます。

$ mv msvcp60.dll ~/wine/drive_c/windows/

Mozilla ActiveXをインストール
Mozilla ActiveX ProjectDownloadから「Mozilla ActiveX Control 1.7.12」をダウンロードします。

インストール
$ wine MozillaControl177.exe

マーケットスピードを実行
$ wine C:\\Program\ Files\\MarketSpeed\\MarketSpeed\\MarketSpeed.exe

実行されると「Ms・・」のファイルが何個か作成されます。これは、マーケットスピードの設定を保存しているファイルなので、ファイルを消すと設定も消えます。ご注意を。

スポンサーサイト









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://moom6.blog2.fc2.com/tb.php/28-367af51a

[TOP]
copyright (C) 2006 Linuxとかのメモ all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。