●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●○Anthyとuimで日本語入力

日本語入力をAnthyに変更してみました。他のサイトを参考にしまくった。というか、リンクばっかり・・



Anthyとuimのインストールと設定
設定もインストールもDebian GNU/Linux スレッドテンプレ - Anthyの設定を参考にすれば、全て完結します。

以下、引用。

# aptitude install uim uim-anthy

~/.xsessionに追記
if type uim-xim &> /dev/null ; then
uim-xim &
fi
XMODIFIERS=@im=uim ; export XMODIFIERS
GTK_IM_MODULE=uim ; export GTK_IM_MODULE
UIM_IM_ENGINE=anthy ; export UIM_IM_ENGINE

Gnomeアプレットの追加
uimを使い易くするために、ツールバーをインストールします。自分は、Gnome派なのでuimを設定できるGnomeアプレットをインストールしました。

# aptitude install uim-applet-gnome

これをインストールし、アプレットを追加します。これで、現在の入力モードが一目で分かったり、uimとAnthyの両方の設定がGUIで出来るようになりました。
他にもuim FrontPage uim-toolbarの様にたくさんあるようです。

役立つリンク
Anthy wiki
uim FrontPage
uimとAnthyのカスタマイズ
キー設定
スポンサーサイト









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://moom6.blog2.fc2.com/tb.php/32-0f31ba7a

[TOP]
copyright (C) 2006 Linuxとかのメモ all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。