FC2ブログ


●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●○pushd,popd,dirs

pushd,popd,dirsは、ディレクトリの移動を簡単にしてくれるコマンドです。
基本的には、「@IT:特定のディレクトリ間を素早く移動するには」のような使いかた。

popdとpushdの引数に数字を指定する事で、更にディレクトリ移動を高速化できます。popdなら指定のディレクトリを消せます。pushdなら指定のディレクトリに移動できます。
dirsコマンドで表示された結果と、数字の対応はこんな感じ。

/tmp /bin /home /media /usr ~ /mnt
なし +1 +2 +3 +4 +5 +6
なし -5 -4 -3 -2 -1 -0

<実行結果>
$ dirs
/tmp /bin /home /media /usr ~ /mnt

$ popd +1
/tmp /home /media /usr ~ /mnt

$ popd -1
/tmp /home /media /usr /mnt

$ pushd -0
/mnt /tmp /home /media /usr

$ pushd +3
/media /usr /mnt /tmp /home


「popd -0」は「popd 0」でも動くけど、「pushd -0」は「pushd 0」では動作できない。0をディレクトリとして認識している。
スポンサーサイト










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://moom6.blog2.fc2.com/tb.php/39-76a82c7b

[TOP]
copyright (C) 2006 Linuxとかのメモ all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。